日本独自のことばを通して文学の世界をひらく

時代は上代から近現代、ジャンルは小説や詩歌、戯曲、評論など、幅広い分野を対象に、作品講読や作家研究を行います。さらに、海外と日本の文学作品を比較し、日本文学の独自性を学ぶなど、国際的な視野に立って日本の文学を考察します。幅広いジャンルと表現にふれたのちは、自分の関心にあわせて、時代や作品、作家、表現方法を絞り込み、研究を深めます。また、作品の舞台となる社会やその歴史などの背景を深く考察することで、文学を通して各時代の人間の心理や感性、時代の精神や文化を広く学びます。文学は人間を語り、伝える手段。ことばが伝える人間の経験や思想を読み込むことによって「人間とは何か」という問いに迫ります。

科目PICK UP

  • 文学概論

    多数の文学作品を参照し、その形式を分析、分類する理論を学びます。登場人物の外見や風景、心理や無意識など、その時代や社会をリアリティをもって映しとり、後世に伝えていく文学の力について考察し、理解を深めます。

  • 口承文化論

    東北には地震や津波の恐怖を語り継いできた地域がありました。この講義では、主に日本国内に伝承されてきた民話を取り上げ、その民俗性、歴史性、そして現代的な意義を考察します。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    人文学の基礎を知る

    4専攻の分野をひと通り学ぶ
    1年次は専攻に所属せず、「文学」「歴史」「社会」「日本文化」の基礎を学び、分野の特長や研究手法の違いなどについて理解します。文化を構成する要素と現代社会の成り立ちを知り、自分の興味に基づき研究したいテーマを探します。

    広い知識とことばから、自分を知る
    ことばを通して自分や他者への理解を深めます。研究に必要となる、「興味があることを掘り下げテーマを設定する力」、「過去の研究や現場を調査する力」、「自分の考えを論理的にまとめ発表する力」を基礎から身につけます。

  2. 2年次

    SECOND

    4つの専攻に分かれて学ぶ

    専門知識の理解を深める
    文学・歴史・社会・日本文化の4つの専攻に分かれて専門的な学びに取り組みます。概論や文化史などの講義、文献購読などの演習を通して、それぞれの時代、領域を網羅した教員陣のもと、専門性を深めることができます。

    ゼミ形式で調査技法を学ぶ
    少人数の演習形式(ゼミ)で同じ分野に興味を持つ仲間とともに、自分の研究テーマを掘り下げていきます。また、3年次のフィールドワークプログラムに向けて、担当教員の指導をうけながら調査計画を立案します。

  3. 3年次

    THIRD

    学外に飛び出して学ぶ

    キャンパスの外へ旅立ち研究する
    各専攻で学び獲得した知見を、実際にフィールドへ足を運んで検証します。2ヶ月間、キャンパスの外で異なる文化や社会に身を置いて、多様な価値観に触れることで実感を伴った知識を得、深めることができます。この経験が新たな視野となり、世界を広げ、独自の発想につながっていきます。

    調査結果を検証する
    プログラム終了後は、キャンパスに戻って調査した内容をふりかえります。現地で収集したデータや資料を整理し、報告書にまとめます。教員や仲間に研究成果を報告し、指摘や議論を通じて、その理解をさらに深化させていきます。

  4. 4年次

    FOURTH

    卒業研究に取り組む

    自分の考えを形にする
    3年次までに深めた知見をもとに、自分の考えを卒業論文として発表します。興味・関心のあるテーマを追究し、他者に伝わるよう情報を論理的にまとめる論文執筆には担当教員が親身に指導にあたり、構想を練るところから、文章校正まで一対一でアドバイスを行います。

4年間で身につく能力

  • 文学作品がもつ豊かな表現を精密に読みとく力
  • 文学作品の特性を理解して客観的に批評する力
  • 国境を越えて、人や社会をつなぐ力

論文

  • 日本近代演劇の成立とその超克—平田オリザの現代演劇論—

    西洋社会で生まれて輸入、翻訳された「近代演劇」は、日本ではどのようにとらえられてきたか。劇作家平田オリザは自ら提唱する「現代口語演劇」の中で、日本社会における日常的な「対話」を軸に演劇を体系化した。この「対話」から「西洋近代演劇」を考察し、日本の「近代演劇」の成立と、それをいかに乗り越えることができるかを論じた。

  • 現代版『青い山脈』としての『コクリコ坂から』—映画が希望を語るとき—

    2011年7月にスタジオジブリによる映画『コクリコ坂から』が公開された。この作品と深い関係があるのが、1947年に「朝日新聞」に連載された小説『青い山脈』である。1963年に映画化され、敗戦後の日本を元気にしたといわれる『青い山脈』と、東日本大震災後に公開された『コクリコ坂から』。二つの作品から、人びとに与える希望について考察する。

  • 人格者の「憂き事」—樋口一葉『たけくらべ』に関する—考察—

    明治期の短編小説『たけくらべ』には、主人公の少女美登利の変貌に関する論争がある。この論争は、物語終盤、美登利が生まれ変わったような身の振る舞いをするその理由をめぐって行われている。論文では、美登利の「人目」に対する「憂き事」に着目し、美登利の変貌論に「人目」という観点を取り入れることを試みる。

卒業後の進路

めざせる職業
編集者 / ライター / 小説家 / 学芸員 / 学校教員 / 営業(総合職) など
 
主な就職先

出版社 / 広告制作業 / Webコンテンツ制作会社 / NPO・NGO / 行政機関 / 製造業 / 流通小売業 など

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。
 
  • 高等学校教諭一種免許状(国語・地理歴史・公民)
  • 中学校教諭一種免許状(国語・社会)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員