身近な問題から現代社会をよみとき、解決法を探る

社会専攻が研究対象とするのは、個人と集団との関係のなかで発生する諸問題です。それは教育、環境、メディア、ジェンダー、移民、宗教、貧困、戦争など、身近な問題でありながら世界規模の問題へと発展していった事柄です。これらの問題を解明する第一歩として、社会を多様な側面からとらえる力が必要になります。本専攻ではこの力を身につけるために、社会学の理論や方法論を歴史的背景とともに学びます。さらに、社会調査の手法についても基礎から修得。アンケート調査の手法や、現地におもむき五感を働かせて調査する「フィールドワーク」の手法を身につけることで、数値やデータの分析だけでは気づきにくい問題の本質に迫る力を養います。

科目PICK UP

  • 平和学

    争いのない平和(消極的平和)だけでなく、人間が自由に能力を発揮できる状態(積極的平和)を獲得するためにはどのようにすればよいか、学際的な観点から考察します。

  • ジェンダー論

    現在では、社会的・文化的役割の意を超え、「ジェンダーが社会や文化を構築する」と考えられるようになりました。現代思想との関係に着目しながら、ジェンダー論の展開について理解します。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    人文学の基礎を知る

    4専攻の分野をひと通り学ぶ
    1年次は専攻に所属せず、「文学」「歴史」「社会」「日本文化」の基礎を学び、分野の特長や研究手法の違いなどについて理解します。文化を構成する要素と現代社会の成り立ちを知り、自分の興味に基づき研究したいテーマを探します。

    広い知識とことばから、自分を知る
    ことばを通して自分や他者への理解を深めます。研究に必要となる、「興味があることを掘り下げテーマを設定する力」、「過去の研究や現場を調査する力」、「自分の考えを論理的にまとめ発表する力」を基礎から身につけます。

  2. 2年次

    SECOND

    4つの専攻に分かれて学ぶ

    専門知識の理解を深める
    文学・歴史・社会・日本文化の4つの専攻に分かれて専門的な学びに取り組みます。概論や文化史などの講義、文献購読などの演習を通して、それぞれの時代、領域を網羅した教員陣のもと、専門性を深めることができます。

    ゼミ形式で調査技法を学ぶ
    少人数の演習形式(ゼミ)で同じ分野に興味を持つ仲間とともに、自分の研究テーマを掘り下げていきます。また、3年次のフィールドワークプログラムに向けて、担当教員の指導をうけながら調査計画を立案します。

  3. 3年次

    THIRD

    学外に飛び出して学ぶ

    キャンパスの外へ旅立ち研究する
    各専攻で学び獲得した知見を、実際にフィールドへ足を運んで検証します。2ヶ月間、キャンパスの外で異なる文化や社会に身を置いて、多様な価値観に触れることで実感を伴った知識を得、深めることができます。この経験が新たな視野となり、世界を広げ、独自の発想につながっていきます。

    調査結果を検証する
    プログラム終了後は、キャンパスに戻って調査した内容をふりかえります。現地で収集したデータや資料を整理し、報告書にまとめます。教員や仲間に研究成果を報告し、指摘や議論を通じて、その理解をさらに深化させていきます。

  4. 4年次

    FOURTH

    卒業研究に取り組む

    自分の考えを形にする
    3年次までに深めた知見をもとに、自分の考えを卒業論文として発表します。興味・関心のあるテーマを追究し、他者に伝わるよう情報を論理的にまとめる論文執筆には担当教員が親身に指導にあたり、構想を練るところから、文章校正まで一対一でアドバイスを行います。

4年間で身につく能力

  • 社会の課題を発見する力
  • 課題解決のアイデアを生み出す思考力
  • 現場で判断し、主体的に行動する力

論文

  • 「女であり母」という生き方~新世代ママのファッションからみる家族~

    昨今、マスメディアから注目される「新世代ママ」と呼ばれる母親たち。その特徴はみた目からは母親だと判断できないほどの若さとファッション。その背景には現代の日本で進む「個人化」が大きく関係している。論文では「個人化」が母親のファッションに与えた影響と、現代の家族において「新世代ママ」のファッションが果たす役割について考察する。

  • 民族文化をまなざす~再魔術化した観光と「聖なるもの」への渇望~

    わたしたちは観光に「非日常性」を求めている。それをわかりやすく示してくれるのが民族文化であり、観光客は民族に「聖なるもの」を追い求める。観光化しているタイの少数民族とアーミッシュの2つの民族文化の現状を踏まえつつ、「聖なるもの」が枯渇した現代社会において、観光にそれをみい出そうとするわたしたちの欲望にせまる。

  • 沖縄・本土の壁をこえた泡盛流通の希望-県外流通の”やりにくさ”を紐解く-

    沖縄の地酒「泡盛」は、1990年代後半から2000年代前半に急激に県外出荷が増加した。その流通の仕組みには本土の焼酎とは異なる部分が多くみられ、本土の酒類流通関係者は泡盛の流通に対して”やりにくさ”を感じている。沖縄における問屋の力の強さ、米軍統治と本土復帰にともなう酒税特別措置、本土と沖縄の酒の志向などからその理由を分析する。

卒業後の進路

めざせる職業

編集者 / 記者 / 公務員 / NPO・NGO職員 / 学芸員 / 学校教員 / 教育機関職員 / 営業(総合職) など
 
 
主な就職先
金融業 / Webコンテンツ制作会社 / NPO・NGO / 医療・福祉 / 製造業 / 流通小売業 など
 


取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。
 
  • 高等学校教諭一種免許状(国語・地理歴史・公民)
  • 中学校教諭一種免許状(国語・社会)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員