寄付について Giving to

ABOUT SEIKA

京都精華大学は1968年に、世界人権宣言と日本国憲法に基づく「人間尊重」を教育理念として開学しました。以来50年間にわたり、文化・芸術を教学内容とする大学として、世界を変革する表現者の育成に取り組んできました。
 
創立50周年を迎えた2018年度に次の50年を展望した大きな再編計画<VISION 2024 SEIKA>を打ち立てました。「表現の大学」「リベラルアーツの大学」「グローバルな大学」としての本学の個性を伸ばすため、学部再編を伴う改革や、グローバルな交流活動に積極的に取り組むことで文化創造の展開に邁進いたしてまいります。
いま、京都精華大学は新たなステージへ向かい、動き出しました。このビジョンの実現に向け、大幅な経費削減を伴う経営努力も断行しておりますが、皆様のご助力が欠かせないのが実情であります。
 
本学卒業生をはじめ保護者のみなさま、地域のみなさまと共に、よりよい京都精華大学を創造するべく、どうか温かいご支援・ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
※個人によるご寄付では、クレジットカード/コンビニ/Pay-easyによる決済をご利用できます。
個人の方で、本学の寄付金口座への払込を希望される場合には、お手数ですが、本学の寄付募集担当(TEL:075-702-5201、あるいはE-mail:kikaku@kyoto-seika.ac.jp)までご連絡ください。
<寄付の返礼品について>

1万円以上の御寄付をいただきました方につきましては、本学学長 ウスビ・サコが執筆しました以下の著書(著者サイン入り)のいずれかを、御寄付のお礼として進呈させていただきます。2万円以上の御寄付をいただきました方につきましては、以下の著書2冊(著者サイン入り)を、あわせて進呈させていただきます。


・『「これからの世界」を生きる君に伝えたいこと』 大和書房 20206月刊行
・『アフリカ人学長、日本を語る』 朝日新聞出版 20207月刊行予定


<本学の寄付の使途について>

お申込みの際、ご希望の寄付使途を選んでいただくことで、ご意向にかなった寄付金の活用をさせていただきます。

1.新型コロナウイルス緊急対策支援募金

集まった寄付金は、本学の緊急学修継続奨学金の給付、家計急変遠隔授業支援のための情報機器無償貸与、図書貸出郵送支援等を行うための原資となります。

2.新・明窓館(仮称)建造のための募金

2020年、新・明窓館の建設を行います。多目的ホールやキャラリーの他、ラーニングコモンズや交流スペースを備える新校舎となります。この募金はホール内の設備整備など、交流機能の強化のために充てさせていただく予定です。

3.アジア・アフリカ現代文化研究センターサポート

本学の特色として「アフリカ・アジア現代文化研究センター」の開設に向けた準備を始めます。海外の大学との協定などを通じて連携を深め、研究者のネットワーク構築等の取り組みを支援します。

4.伝統産業イノベーションサポート

京都の立地を生かし、多様な国や地域の伝統産業の担い手と学生、研究者が交わりながら、「表現」の新しい価値を生み出す拠点となるための取組を支援します。

5.成績優秀留学生学生支援

世界の諸文化と共存する「グローバルな大学」というビジョンを実現するべく、より多くの国々から成績優秀な留学生を募集するための奨学制度を設けます。 

6.被災学生への特別サポート募金

世界的な気候変動や突発的な自然災害等に見舞われ学業に支障をきたす学生のため、原資をより強固にするべく皆様からのご支援をお願いいたします。

7.文化振興活動サポート

教育・研究の一環である社会連携事業の活動支援や、講演会や体験講座などの文化振興事業の充実を支援します。

8.京都国際マンガミュージアムサポート

本学と京都市との共同事業である京都国際マンガミュージアムは、マンガ資料の収集・保管・公開とマンガ文化の調査研究、展示イベント事業等を行っています。博物館機能と図書館機能を併せ持つ文化施設としての継続的な発展を支えるための資金となります。

寄付募集に関するお問い合わせ先

学校法人京都精華大学 経営企画グループ 寄付募集担当

〒606-8588 
京都市左京区岩倉木野町137
Tel 075-702-5201
Fax 075-702-5391
E-mail kikaku@kyoto-seika.ac.jp