公開講座

西洋美術史講座
「ウィーン世紀末にしびれる!」

クリムトやシーレなどを輩出した19世紀末ウィーン。象徴主義的イメージが伝統のハプスブルク文化に重なり、新しい都市像を生み出しました。展覧会「ウィーン・モダン」が語るのは、世紀末ウィーンが誕生してくる19世紀の歴史と文化です。クリムトの《エミーリエ・フレーゲの肖像》、シーレの《自画像》など数々の名作にひたりながら、絵画から建築・デザイン・工芸まで、芸術の都を創ってきたウィーンの19世紀文化・芸術を堪能しましょう。

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
2019年8月27日(火)~12月8日(日)
展覧会公式サイト

【備考・諸注意】
現地見学講座です。

【受講者の持ち物】
筆記用具

【定員】
15人

  • 日程

    11月6日/水曜日

  • 時間

    14:00〜16:30

    14:00 国立国際美術館(大阪市北区)B1インフォメーション前集合
    16:30 現地解散

  • 会場

    国立国際美術館(大阪市北区)
  • 出演・出展者

    島本 浣(本学名誉教授、西洋美術史)

  • 予約

  • 料金

    1,500円(美術館までの交通費、展覧会観覧料が別途必要です)

島本 浣(本学名誉教授、西洋美術史)

しまもと・かん●1947年生まれ。今はなき『新譜ジャーナル』というフォーク・ロック誌の編集に携わったあと、京都大学大学院文学研究科で美学美術史学を専攻。著書に『絵画の探偵術』(昭和堂、95年)、『美術カタログ論—記録・記憶・言説』(三元社、2005年)など。京都精華大学では06年から4年間学長を務めた。 

お問い合わせ先 CONTACT

京都精華大学 社会連携センター

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5263
Fax:075-722-5440
E-mail:garden*kyoto-seika.ac.jp
受付窓口:社会連携センター(京都精華大学 本館2F 研究推進グループ)

SHARE