全5学部の授業から幅広く学び、 持続可能な人間の生き方を提案する

自然災害や環境問題、都市部への人口集中や過疎化などが進む現代。暮らし方や人と人とのつながりについて、根本的な見直しが求められています。人間環境デザインプログラムでは、人間の生きる環境を世界中のあらゆる文化から学びます。1学年は16名の少人数制。国際文化学部と建築学科を中心に、芸術、デザイン、マンガも含めたすべての学部の領域を横断して学修します。学びの拠点はキャンパスだけでなく、国内外の各地を訪問します。経験から理解を深め、柔軟な思考力を育てる。その知見を活かし、持続可能な建物やまちづくり、コミュニティのあり方を提案できる人を育てることを目標としています。


科目PICK UP

  • 建築実習

    環境デザインの核となる建築設計について、手描きやコンピュータによるデザイン表現のスキルを体得する。また、課題に対しての自身の考えをかたちにし、他者に伝えたり、他者と協働したりして作業を行うことで、建築実務を経験する。

  • 社会学

    人間や環境に関する社会問題を分析するための、社会学的視点の基礎を講義形式で身につける。具体的な研究事例を通じて、社会学の基礎や思想的背景を体系的に理解し、自分自身が注目する社会現象を考察できるようになることが目的。

みずから課題を発見し、提案できる人になろう。

人間環境デザインプログラムが重視しているのは、とにかく自分の視点で課題を発見すること。キャンパスに閉じこもっていては、「いま」起こっている問題を発見することはできません。国内外のまちを歩き、さまざまな地域の人々と話をしながら、現地をよく観察する経験を積んでほしいと考えています。
わたし自身も、人の行動や集団のあり方から空間を考察する空間人類学に取り組んできました。世界中を回って研究し、いま強く思うのは「自分たちの時代は終わった」ということです。わたしたち年長者がどんなに想像力を働かせても、若いみなさんのリアルな現状や発想力には及びません。よりよい未来を、自分たちの手でつくっていく人を育てる必要がある。そのためには、状況を分析するデザイン的思考と、人間についての深い理解が不可欠だと考え、建築学科と国際文化学部を中心に、学部を横断するスタイルで学べるプログラムを設置しました。
よりよい提案を行うためには、たくさんの要素が必要になります。たとえば、多様な人びとから情報を得るためのコミュニケーション。それから、特定の地域の文化や社会の問題についての知識。さらに、より現実に即した解決策を生み出すことにつながる、人びとの生活をよく観察する力……。でも、こうした要素は、誰もがはじめから持っているわけではありません。授業の中で得た知識や、自分の足で各地をたずね、いろんな背景を持つ人びとと話をする経験を重ねることで、着実に身についていきます。いちばん重要なのは、積極的に行動できること。好奇心が旺盛で、身の回りで気になることがあったり、人と話すことが好きな人は特に歓迎します。興味がある人は、ぜひ恐れずに飛び込んできてください。
 
人間環境デザインプログラム教員 ウスビ・サコ
専門分野 : コミュニティ論/建築計画
  • 学部横断型

    全5学部の授業から幅広く学ぶ
    人間環境デザインプログラムは、従来の学問分野にとらわれず、複数の異なる領域を学際的に学ぶことが最大の特長です。建築と国際文化の学びを中心に、メディア表現、芸術、デザイン、マンガの学びを横断的に学修します。
    ※人間環境デザインプログラムはデザイン学部建築学科のなかに配置しています

  • 少人数制

    対話を通して学ぶ
    1学年の定員は16名。他学部の1専攻が20~96名であることと比較すると、非常に少人数。ゼミ形式の学びを中心に、それぞれの考えを積極的に発表する機会を多く設け、対話を通して学ぶことを重視しています。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    幅広い知識、技術を 領域横断的・体感的に学ぶ

    1年次は領域を横断して幅広い知識を得ます。建築・都市研究の土台となる、人文・歴史・社会・国際問題をはじめ、人間の多様な生き方について理解を深めていきます。また、設計や製図などの建築の基礎となる技術も学びはじめます。

  2. 2年次

    SECOND

    ゼミ活動を開始し 実践的に理解を深める

    少人数制を生かし、それぞれが関心に沿ったテーマを個別に研究しはじめます。積極的に学外で調査・研究を行い、実社会の問題に目を向け、自らの課題を発見し考察する。日本文化やグローバル化についても理解を深めていきます。

  3. 3年次

    THIRD

    国内外の現地に足を運び テーマを追究する

    国内はもちろん、ベトナムやタイ、香港などの東南アジアや、セネガル、ガーナ、マリなどのアフリカ、そしてブラジルといった海外のフィールドに足を運び、現地で研究します。キャンパスに戻ってからは、ゼミでの発表や教員からの指導を通して調査研究の検証を重ねます。

  4. 4年次

    FOURTH

    卒業研究に取り組み 新しい提案を行う

    調査研究で深めた現状への理解と、これまでの経験から得た知見をもとに、人々の暮らしやコミュニティのあり方、街づくりなどについて、卒業研究を行い、卒業論文や卒業設計を通して新しい提案を行います。

4年間で身につく能力

  • 文化や地域への理解をもとにした課題発見力
  • 柔軟な思考で企画を出せる提案力
  • 建築や都市を計画・建造できる専門的な力

学びのポイント

文化や地域や環境、そのあり方を学ぶ

これからの人間の生きる環境のあり方を、世界中のあらゆる文化を通して考えます。人間や地域について理解し、建築や都市計画の知識や技術を身につけ、持続可能な建築物やまちづくり、コミュニティを学びます。人びとの新しい暮らしを提案します。

現地での体験を通し実践的に学ぶ

国内や海外のあらゆるフィールドへ実際に足を運んで調査活動を行います。まちづくりに関する活動を行うNPO法人でプロジェクトに参加するなど、インターンシップ制度も充実。実際に体験して考えたことから、課題を発見し、分析と考察を繰り返します。

建築家でもある教員から学ぶ

多様なバックグラウンドを持ち、建築へのアプローチも異なる教員たちから学ぶことができます。社会・文化・歴史・環境と、都市や住まいの関係性を国際的・学際的に研究している教員らとともに、課題を発見し、新しいライフスタイルを提案していきます。

現地調査を重視した実践的な学び

人間環境デザインプログラムでは、国内外のあらゆるフィールドへ実際に足を運んで調査活動するフィールドワークを重視しています。社会の課題を発見し、分析と考察を行い、新しい提案をするための必要不可欠なプロセスとして、実際に現地に赴き、現場の姿を自分自身で確かめます。
自分とは異なる価値観や考え方で暮らし、働いている人びとのコミュニティに飛び込み、調査を行うことで、あなた独自のアイデアを生み出してください。

テーマ・フィールド例

  • 環境保全・コミュニティ再生

    研究場所:国内外NPOや各種コミュニティ
    世界にはさまざまな規模と次元で多様な環境問題やコミュニティの課題が存在する。それぞれの課題に対応する方法論を身につけ、環境と暮らしのより良い関係を実践的に学ぶ。

  • 国際芸術祭と地域再生

    研究場所:瀬戸内国際芸術祭(多度津)・大地の芸術祭(新潟枯木又)
    アートの視点から、他分野と協働して地域のさまざまな空間の再生や活用を企画・実行する。地域の歴史を学び、暮らしと課題を把握し、人間と環境の新しい関係を提案する。

  • 建築設計

    国内外の建築設計事務所
    建築設計事務所で、実際のクライアントや建物の利用者、施工者と共に建築設計に取り組む。企画設計や打ち合わせをリアルに体験し、実務に関するスキルや経験を得る。

研究テーマ例

  • 山間地域の過疎化と地域再生の研究
  • 町家の再生とコミュニティの変容
  • 少子化と高齢化を意識したまちづくり
  • 世界文化遺産の修復・保存計画の理論と神話
  • ベトナムにおける都市の拡大と既存コミュニティの変容

卒業後の進路

めざせる職業
公務員 / 建築士 / 地域コンサルタント など

主な就職先
まちづくり組織・機関 / 建築設計事務所 / 都市計画コンサルタント事務所 / 文化財関連機関 / 地域関連企業 / 国内外の文化を広く伝える企業(イベント企画、旅行・観光) / NGO / NPO / ソーシャルビジネス関連企業 / 建築士として起業

取得できる資格

  • 一級建築士(受験資格)
  • 二級建築士(受験資格)

VOICE

  • 河井 敏明教員

    環境マネジメントとしての建築設計

    建築家として日々建築設計に取り組んでいると、異なる立場の人の利害を調整する機会が日常的に数多くあります。あるとき、その調整そのものが環境問題を解決する作業だと気づき、「環境マネジメントとしての建築設計」に興味を持ちました。私のゼミで取り組むのは、世界中の都市で活用できる普遍的な建築設計や都市開発のモデル。京都と他の都市を比較しながら観察・分析を行い、身近な視点から、地球規模の大きなスケールで、自分のアイデアを形にしてほしいと思います。建築設計にはさまざまな制約や問題が発生しますが、それぞれの解決方法を各場面で粘り強く探っていると、全体を解決する答えがポンッと現れる瞬間があります。その瞬間こそが建築設計を行う醍醐味なんですよ。
  • アンドレア・フロレス・ ウルシマ教員

    人間と自然の関わりから生活環境改善を提案

    ブラジル、日本など多様な地域で、人間の生活と環境変化の関連性に注目してきました。遠く離れた地域のまちづくりを比べると、必ず共通点と相違点が発見できます。それは、人間の普遍的な特性と地域の特殊性が組み合わさった結果。都市設計を通じて現代社会の多様性と複雑性に気づくことで、よりよい世界を創造するための条件を知ることができるはずです。私のゼミでは、人間(文化)と自然(水、気候、植物、動物、微生物等)がどう関わりあうかを調査し、生活環境を改善する提案を行います。それぞれを観察し、マッピングし、時間による変化や距離のある地域とのつながりや差異を明らかにしていきます。自分の周辺と遠く離れた地域、過去と未来を結びつけることに興味がある人ならだれでも歓迎します。一緒に学んでいきましょう。