吉村 敏治 YOSHIMURA Toshiharu

専門分野

陶芸

職業
陶芸作家

所属
  • 芸術学部 造形学科 陶芸専攻
  • 大学院 芸術研究科

経歴・業績

1996年、京都精華大学美術学部造形学科卒業。1998年、京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。2000年、独立以降、国内外の個展、グループ展、企画展、アートフェアにて作品を発表。異分野の専門家や企業とのコラボレーションも手掛ける。2001年、天理ビエンナーレ道友社賞、2005年、けいはんな造形・芸術祭ART COM 2005大賞、 2010年、おおたき北海道陶芸展北海道放送社賞、2014年、第10回国際陶磁器美濃 陶磁器デザイン部門グランプリなどを受賞。パブリックコレクションは、ミネアポリス美術館、岐阜県立現代陶芸美術館、世界のタイル博物館、滋賀県立陶芸の森、土岐市、建仁寺両足院、がある。

メッセージ

思わぬことが待ちうけている陶芸は、多くの「気づき」が待ちうけている、といえるでしょう。「気づき」は、柔軟にものごとを捉え発展的な発想を打ち出すのに不可欠な要素です。1万年以上を有する陶の歴史は、常に発展を重ね、日常の食器や芸術作品はもとより大気圏を抜けるロケットの外壁から身近にはスマートフォンの電子部品にまで、ありとあらゆるものに展開しています。芸術のもと、創造的思考と実践によって皆さんと素材(陶)の可能性を探りたいと思っています。

作品・著書・研究活動など