公開講座

【アセンブリーアワー講演会】大学院芸術研究科教員の岡田温司による講演会「アートは世界を救うか?」を開催します

(画像:テオドール・ジェリコー《メデューズ号の筏》(1818‐1819、パリ、ルーヴル美術館)※見出しページ画像も共に)

【学外の⽅はオンライン聴講のみ・要事前申込】
本学在学⽣・教職員以外の⽅はオンラインのみで聴講が可能です。聴講には事前に申し込みが必要です。
こちらのページよりお申し込みください。


パンデミック、戦争やテロ、気候変動、環境破壊、広がる格差、こうしたポスト・アポカリプス的とも呼べる状況を前にして、アートに何ができるのだろうか。アートと批評の過去と現在を振り返りながら、みなさんと一緒に考えてみたい。 
 

  • 日程

    7月14日(木)

  • 時間

    16:20~17:50

  • 会場

    学外者はオンライン聴講のみ
  • 出演・出展者

    岡田温司

  • 予約

岡田温司(美術史家/本学 大学院芸術研究科教員)

1954年広島県生まれ。京都大学名誉教授。現在は京都精華大学芸術研究科で教鞭を取る。西洋美術史・思想史。芸術と宗教と政治の関係、間メディウム性の問題にとくに関心をもっている。『モランディとその時代』(人文書院)で吉田秀和賞、『フロイトのイタリア』(平凡社)で読売文学賞受賞。他著書に『デスマスク』、『黙示録』、『グランドツアー』(岩波新書)、『処女懐胎』『マグダラのマリア』『キリストの身体』『アダムとイブ』(中公新書)、『アガンベン読解』(平凡社)、『西洋美術とレイシズム』(ちくまプリマー新書)、訳書にロベルト・ロンギ『芸術論叢』(中央公論美術出版)、ジョルジョ・アガンベン『王国と楽園』(共訳、平凡社)、など多数。

お問い合わせ先 CONTACT

京都精華大学 学長室グループ

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5263
Fax:075-722-5440
E-mail:garden@kyoto-seika.ac.jp

受付窓口:京都精華大学 本館2F 学長室グループ

SHARE