武富 健治 TAKETOMI Kenzi

専門分野

オリジナル漫画制作/原作・原案付き漫画の作画演出

所属
  • マンガ学部 マンガ学科 ストーリーマンガコース

経歴・業績

1970年佐賀県生まれ。青山学院大文学部教育学科卒。97年に「屋根の上の魔女」でデビュー。2005~11年に漫画アクション(双葉社)で「鈴木先生」(全12巻)を連載、07年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。11年にテレビ東京にて長谷川博己・土屋太鳳主演で連続ドラマ化。13年、続編が劇場映画となる。若い時に描いた文芸漫画短編群が、「掃除当番」「屋根の上の魔女」の2冊にまとめられる。
その後しばらく原作付きのコミカライズを活動の中心に据え「ルームメイト」「惨殺半島赤目村」「漫画訳雨月物語」を執筆。その後、又吉直樹氏の指名依頼を受け「火花」を漫画化。
2016年よりゲンロンひらめきマンガ教室のゲスト講師・最終作品審査員を務める。
現在、ライフワークである「古代戦士ハニワット」を漫画アクション誌上にて連載中。

メッセージ

みなさんいろいろな気持ちで、漫画を勉強してみたいと思っていることでしょう。大学を卒業するまでに、何としても世の中に出したいと思える作品を持ち、それを世の中に届けられる技術や精神力を身に付けられるよう、精いっぱいサポートしたいと思います。日本のマンガは爛熟の時期に入って久しいですが、まだまだ新しく切り開ける可能性、余地をたくさん残しています。せっかくアーティストを目指すのですから、既に在る椅子を「取る」ことよりも、自分の作った椅子を「置く」ことに熱意を燃やしてほしいです。そのくらいの意識でスタートした方が、結果的には椅子を取るにも手っ取り早い気がします。一緒に頑張りましょう。

作品・著書・研究活動など