教員からメッセージ

合格おめでとうございます。
2021年4月に新入生のみなさんにお会いできることを、教職員・在学生一同心待ちにしています。
このページでは、各学部の教員による歓迎のメッセージを公開します。

国際文化学部

みなさん、このたびは合格おめでとうございます。国際文化学部はみなさんの入学を歓迎します。
このコロナ禍の状況で、さまざまな困難に遭遇していることと思います。このような中でも、みずから情報を求め、考え、自身の未来を模索していくことが大事です。
そして行動力も求められます。国際文化学部は現場主義をかがげています。本学部のフィールドプログラムにご期待ください。
そして、新学部Webサイト「京都精華大学エクストラ」を見たり、今後の取り組みとしての「学びのすすめ」を実践してみてください。
国際文化学部学部長(代理)
是澤 範三

メディア表現学部

合格おめでとうございます!
新たにスタートするメディア表現学部の記念すべき第1回生として皆さんを迎えることを本当にうれしく思います。
これからはIoTやAIで「あらゆるものがメディアになる」時代。メディアやコンテンツはもちろん、一人一人の生き方から社会の在り方まで、すべてのことが大きく変わり、様々な分野で「新しい価値を生み出す」ことが求められるようになるでしょう。最新のエンタテインメントづくりから、人口減少や格差是正といった重たい社会課題の解決まで、テクノロジーとメディアの力で、社会にどんどん働きかけていきましょう!
皆さんと一緒に、私たちメディア表現学部の教員も一緒に成長していきたいと思います。
よろしくお願いします!

メディア表現学部 学部長(就任予定)
吉川 昌孝

芸術学部

みなさん、合格おめでとうございます。
京都精華大学の4年間が、様々な興味への探求と、芸術の専門性・多様性を身につける有意義な時間になることを願っています。「芸術と向き合うこと」は「社会と向き合うこと」につながります。「つくること」「考えること」を問い続ける芸術学部での学びと、専攻や学部を越えた多くの人々との交流は、きっと将来の礎となることでしょう。
夢を笑顔で語り合い、涙する友には優しく寄り添い、学生も教職員も共に成長できる環境が京都精華大学のキャンパスにはあります。
みなさんと会える日を心待ちにしています。充実した時間をお過ごしください。
 
芸術学部長
佐藤光儀

デザイン学部

合格おめでとうございます。合格通知を目にして本当に嬉しい時だと思います。それはあなたが頑張った証です。その感動を忘れないでください。
しかしながら、入学することが目的ではないはずです。入学後にはどんなスキルを身につけて、そのスキルを活かして何を制作するのか具体的な目標を持ってください。
あ、でも、それを見つけるための大学の4年間でもあるので心配はいりません。伝えたかったのは「想像することで、行動につながる」と言うことです。想像力は人に備わった偉大な力です。想像力をフルに活かし、自発的に行動してあらゆる物事にチャレンジしてください。そして、あなただけの表現を見つけ出してください。期待しています。
 
デザイン学部長
森原規行

マンガ学部

合格おめでとうございます。
世界で唯一のマンガの学部で学べる期待に胸がふくらむことでしょう。マンガの学部では、ポピュラーカルチャーをけん引する、エンターテイメントを追求する、業界・社会・世界の三つの「カイ」とつながることをモットーに、日本全国、世界11か国から集まった学生たちが日々励んでいます。日本のマンガ・アニメ文化が世界へ飛び立って、今度は世界からさまざまなエネルギーが日本へ還流してきています。千年の古都である京都は、世界中の人々から最も行きたい場所に選ばれています。ここ、京都精華大学で私たちとともに、新しい可能性に挑戦してみてください。
 
マンガ学部長
姜竣(かん・じゅん)