イベント

8/8(土)15:30 メディア表現学部 オンライン体験授業を開催します

2021年4月に開設予定のメディア表現学部の体験授業(講義)をライブ配信で開催します。体験授業は、大学でどんな学びをするのかを想像できる機会です。オンラインなので、大学に来なくても講義を受けられます。参加者のカメラ・マイクはオフで参加いただけますので、安心してご参加ください。
同日開催の「学科別相談会」と併せて、ぜひお申込みください。

■ 日時:8月8日(土)15:30~(約1時間) 本イベントは終了しました

■ 授業タイトル:プログラミングで育てる、未来をうみだす力

この授業では、コロナ禍でみえてきたIT技術の可能性と、プログラミングでできることについて紹介します。「コロナで働き方がどう変わったの?」「そもそも、プログラミングって何?どんなことにつながる?」などの疑問にお答えする授業です。最先端のテクノロジーを学び、人と人とをつなぐメディア表現学部の学びは、どのような力が身につくのか。Webサービスやアプリの開発、デザインイベントを手掛ける教員が、具体例とともにお話しします。 
※本授業はZoomを利用した講義形式の授業です。ネット環境のあるスマートフォン、もしくはパソコンでご参加ください。その他の準備物は不要です。

■ 申し込み方法
  本イベントは終了しました

同日開催 学科別相談会

高校生のみなさんからの質問に、学科・コース別に、教員がオンラインでお答えする公開相談会を開催します。コースについて詳しく知りたい人はもちろん、オープンキャンパスに参加できない人にもおすすめです。専門分野の魅力や、京都精華大学の学科やコースでの学びについて、ほかの人の相談内容を共有しながら深く知ることができます。
メディア表現学部相談会:8月8日(土)14:00

デジタル革新で変わりゆく社会に新しい価値を提案する メディア表現学部

デジタル革新によって、人類社会は仮想と現実が交わりあう新たな段階=Society5.0(※)に突入しようとしています。同時に、SDGsなど持続可能な社会のあり方が問われるなかで、この時代を明るく切りひらいていくために、AIテクノロジーをうまく活用し、主体的に課題を発見し解決に導く力が求められています。メディア表現学部では、メディアとコンテンツに関する広い知識とビジネス感覚を身につけた、新しい価値を創造するクリエイターを育成します。「どんな人でも暮らしやすく、ポジティブでわくわくする」社会をめざし、最先端の表現に不可欠なプログラミングやテクノロジー全般の技術を用いて、教育、医療、都市設計、経済、娯楽などあらゆる領域における、さまざまな課題を解決できる多面的な能力を養います。

 

お問い合わせ先 CONTACT

京都精華大学 広報グループ

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5197
Fax:075-702-5352
E-mail:kouhou@kyoto-seika.ac.jp

※取材いただく際は、事前に広報グループまでご連絡ください。

SHARE