デザイン学部Q&A (6/7 WEBオーキャン学部別相談会 回答まとめ)

6月7日「京都精華大学WEBオーキャン」で実施した、Live配信企画「学部別相談会」の記録を公開します。
当日の配信では、高校生のみなさんから寄せられたさまざまな質問に、各学部の教員がオンライン会議システム「Zoom」を使って回答しました。このページでは、配信中に回答しきれなかったものも含め、すべての質問と回答をまとめて掲載します。「興味はあるけれど、何から調べればよいかわからない」「先生に聞きたいことがある」など、まだ迷っている人から、志望コースが決まっている人までおすすめの内容です。
ぜひ、大学・学部説明動画とあわせてご覧ください。

デザイン学部に寄せられた質問

  • 各コースはどのようなタイプの人におすすめですか?
    北村:イラストコースにおすすめの人は絵が描きたい人です。それに加えて、時代性があるもの、今っぽいものに反応する人は、イラストコースに合っていると思いますよ。
    大溝:グラフィックデザインコースは広告、文字、コミュニケーションのデザインに興味がある人。デジタルクリエイションコースはあらゆるデジタルコンテンツやムービーに興味がある人におすすめです。幅広い技法に挑戦するので、やりたいことが絞り切れていない人も歓迎です。
    大迫:3次元のデザインに興味がある人はぜひプロダクトデザイン学科へ。いま何が売れているか、将来どんなものが売れるかということに興味を持っている人に向いています。
    葉山:建築に必要な視点は身の回りの環境に興味を持つこと。周りの人に幸せになって欲しい、暮らしの環境をよくしたいと考える人に来てほしいですね。
  • イラスト、グラフィック、プロダクトのどのコースを受験したらいいか迷っています。どうやってコースを選んだらいいでしょう。
    北村:イラストコースは「絵を描くのが好き」であることが一番大事。上手い下手ではありません。絵を描くのが好きな人は、迷ったらイラストコースに来てください。笑
    大溝:自分が好きなものを集めて、どんな傾向があるか探ってみましょう。自分の好きなことが客観的に見えてきます。ビジュアルデザイン学科はどんなことでも挑戦できる環境です。
    大迫:まずは一番興味がある分野に飛び込んでみましょう。プロダクトデザイン学科でも、グラフィックデザインなど様々な分野に挑戦できます。
  • デザイン学部イラストコースとマンガ学部キャラクターデザインコースの違いは?
    イラストコースでは、ひとつの表現スタイルに特化して学ぶことはありません。様々な表現技法を体験しながら、自分らしい表現スタイルを見つけることを大切にしています。さらに、イラストを描くことでデザインの役割を学び、デザインセンスを養います。現時点でキャラクターデザインの技法に絞って突き詰めたいと目標が定まっているのであれば、キャラクターデザインコースの方が合っているかもしれません。
  • 建築学科ではどのようなことが学べますか? 授業料以外にどれくらいお金がかかりますか?
    建築コースでは建物の設計だけでなく、都市、インテリアデザイン、空間演出、家具作りまで学びます。そして、これからの変革の時代を乗り越えていく発想力や行動力を育てています。国際的な活躍をしている卒業生が多いのも特徴です。ヨーロッパやアメリカ、アジアなど世界中で仕事をしています。
    授業料以外にかかる費用は、模型の材料費やCADのライセンス取得費、教科書代などで、およそ年間10万円くらいが必要でしょう。
  • コマ撮りアニメーションを制作したいです。どのコースがいいでしょうか?
    デジタルクリエイションコースでは、1年生の時にコマ撮りアニメーションを作成する授業があります。従来のコマ撮りアニメーションだけではなく、3Dなど新しい手法を取り入れたい人にもおすすめです。ただし他の授業もたくさんありますので、コマ撮りアニメーションだけを制作したい、作家として活躍していきたいという方は、芸術学部の映像専攻やマンガ学部アニメーションコースの方が合っているかもしれません。
  • 留学に興味があります。留学した学生の事例を教えてください。
    大迫:プロダクトデザイン学科では、フィンランドやドイツに留学する学生が多いです。留学を経験した卒業生には、家具職人やジュエリーデザイナー、日本文化を見直して庭師の仕事をしている人も。
    葉山:建築コースには、フランス、アメリカのロサンゼルス、ベトナムに学科独自の協定校があり多数の学生が留学しています。留学には苦労もありますが、成長できる絶好の機会です。
    大溝:フィンランドやフランスのパリ、アメリカのサンフランシスコ、ニューヨーク、イギリスのスコットランドに留学した学生がいます。留学先ではデザインに限らず、芸術の勉強をする学生も。みんな積極的な姿勢を身につけて帰ってきますよ。交換留学だけでなく2週間程度のショートプログラム制度を利用することもおすすめです。
    北村:オランダのアムステルダムや、イギリスのロンドンに留学した学生がいます。留学先の街の文化に触れることで、感性を豊かにすることができますよ。
  • 9月の総合型選抜入試までに、何をすればいいでしょうか?
    北村:イラストコースでは「ことばからのイラスト」というテーマに取り組みます。今からできることは、まず手を動かすこと。家の中にあるものを手当たり次第スケッチするなど、描くことに慣れてください。もう一つはイメージ力。曲のタイトルや歌詞などから「ことば」を見つけて、そこから自由にイメージを拡げてイラストを描く練習をしてください。
    大溝:映画や音楽など様々なコンテンツに触れて、自分が惹かれたポイントを細かく分析してみてください。何かを作り出す、考えをまとめる、その習慣を身につけておくと、入試に限らずこれからの制作に生きていきますよ。
    大迫:興味があるものを観察すること。じっくり眺めたり、写真を撮ったりして、どこが好きなのか考えてみてください。
    葉山:自分が通っている高校の校舎が、病院になったらどうなるか、住宅になったらどうなるか。社会で起こっている問題を、どう解決できるか夢想してみてください。柔軟性のある考え方をする訓練をしてみて欲しいです。
     
  • 写真を加工して作品を作りたいです。どのコースがいいでしょうか?
    写真を使ってどんな作品を作りたいかが大切です。ポスターだったらグラフィックデザインコース、芸術作品だったら芸術学部がいいでしょう。ぜひ大学のホームページで各コースの作品画像を見て、自分がどんな作品を作りたいか、考えてみてください。
     
  • イラストコースでデジタルイラストを描くことはできますか?
    北村:できます。イラストコースでは、手で描いて感性を豊かにすることから始めるので、入学後すぐにデジタルイラストに取り組むことはありません。2年次以降は徐々に、デジタル、手描き、どちらでも良い課題制作が増えて行きます。デジタルイラストの作画を学ぶ授業としては、3年次の選択科目に授業があります。
    大溝:デジタルクリエイションコースでも、デジタルイラストに取り組む学生は多くいますよ。
     
  • 画塾には通った方がいいですか?
    葉山:必ずしも行かないといけないことはありません。建築で重要なのは発想力を鍛えることです。入学してからデッサン表現の授業を受けます。
    大迫:基礎のデッサン力が身につくので通うに越したことはありませんが、入学後は技術だけでなく思考力も求められます。画塾に通わなくても入学後にすごく成長する学生もたくさんいます。
    大溝:思ったことを形にするにはデッサン力は重要です。デッサンを勉強すると細かいところまで観察できる力が身につくので、通ってみることをおすすめします。
    北村:画力が上がり自信がつくところが、画塾の良いところです。他の人の絵を見て刺激にもなりますので、おすすめします。もちろん、画塾に通わずに独自に取り組むことでも大丈夫です。
     
  • コンセプトアーティストが夢です。3DCGもイラストレーションも極めたいのですがどのコースがいいですか?
    どちらも挑戦できる、デジタルクリエイションコースがおすすめです。
  • 自分のイラストをグラフィックデザインに活かすことはできますか?
    できます。イラストコースでは、自分のイラストを使って本の装丁やポスターのデザインをする課題があります。グラフィックデザインコースでも、自分で絵を描いてデザインに取り入れる学生は多くいます。
  • デザイン学部のビジュアルデザイン学科を志望しているものなのですが、総合型選抜の評価基準もしくは注意すべきことをお伺いしたいです。
    豊永(グラフィックデザインコース):制作する作品の内容、他者とのコミュニケーションの取り方、熱意をもって丁寧に取り組めているかなどについて、総合的に判断します。入試では新しい体験を提供しますから、技術的な練習や準備は全く必要ありません。強いていえば、様々なことに対する好奇心をもち、何が来ても楽しめるメンタルを持っておいてください。
    大溝:アイデアや表現力、取り組みの姿勢などを総合的に評価します。諦めずに最後まで制作に取り組むことができるか、簡単な言葉でもいいので自分の考えをしっかりと他者へ伝えることができるかがポイントになってきます。
  • 3DCGに興味があるのですが、デジタルクリエイションコースでCGモデリングを学ぶことはできますか?
    2年生から本格的に3DCGを学ぶことができます。基本的なことから、最新の技術まで講義と実戦で学ぶことができ、Unityでのリアルタイムレンダリングや、3Dプリンターでの出力なども授業内で取り組んでいます。
  • グラフィックデザインコースの3年次に、社会や企業と関わるプロジェクトに取り組むとパンフレットにあったのですが、具体的にどういったことができるのでしょうか?
    インタラクティブ、映像、模様、文字、広告、イラスト、ゲーム、ビジュアルプロダクト、グッズプロデュース、ネイチャーデザインなどのスキル応用型プロジェクトです。自主企画の作品制作やイベントの企画がメインで、最終的には、企業へのプレゼン、展覧会の開催、各所でのイベントの開催など、社会的な場でアウトプットを行います。(企業からのオファーを受ける産学連携的なニュアンスとは違い、あくまで学生が主体となる自主企画プロジェクトです。)
  • 建築には何が必要だと思いますか?
    一番必要な事は、自然や人間に対する尊敬と愛情です。新しい建築をつくることや、すでにある建築や環境を大切にして手を加える事によって、自分のまわりの環境がよりよくなり、そこで過ごす人々が幸せになることを仕事にするからです。
  • かわいい商品のデザインやポスターが創りたいのですがどのようなコースがいいですか?
    ポスターなどの紙媒体のデザインはグラフィックデザインコースのカリキュラムに組まれています。商品そのものを考えて、そのパッケージをデザインしたい人には、プロダクトデザイン学科が合っているかもしれません。
  • 人間環境デザインプログラムと建築コースにはどのような違いがありますか?
    人間環境デザインプログラムは、デザイン学部の枠組みにとらわれず、国際文化学部など他学部の授業を横断的に履修できる新しいカリキュラムです。建築コースは、物理的な建築や空間をデザインすることが中心になりますが、人間環境デザインプログラムでは、まちづくり活動など、人間の生活、環境について提案することを学びます。3年生の前期には、全員が国内、海外の現地(フィールド)に赴き、調査・研究をおこないます。幅広い視野で、より良い暮らしの環境を考えます。
デザイン学部の相談会にご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

デザイン学部をもっと知りたい方はこちら